ほっかブログ

タグ「デザイン」

印刷物をWEBカタログに変換。

 

ページ中央をクリックすると、拡大ページを表示します。
ページの右端あたりをクリックすると、次のページへ。
拡大ページでは、中央あたりをクリックすると、さらに拡大します。

一昔前、印刷物をWEB上でペラペラめくれるWEBカタログ(オンラインカタログ)がありました。
業者さんがページ単価○○円で作成したり、また、そのシステム自体も販売していたのですが、初めて見たときはFlashで実現できるな、と思ったものでした。

思っただけですが、実現してくれるサイトが登場しました。無料サービスで。

http://issuu.com/

ためしに、bCD大作戦という「ブログシステムをカスタマイズしてCMSホームページを作る」サービスのパンフレットをWEBカタログ化してみました。

読み込み・作成に時間がかかりますが、やばいですよね、これ。
beta版で、この記事を書いている段階でも、埋め込み方法が強化されたりしています。

無料サービスという駆逐艦

前々から感じていることですが、WEBで展開するサービスは、他の企業やサービスを駆逐します。

たとえば、無料ブログサービスにページ作成機能や、グラフィックジェネレーター、お問い合わせフォームなどがついて、簡単にサイトを作れるようになったら、WEB制作会社の一部は大打撃を受けるでしょう。

もちろん、サイト構造や企画部分、グラフィックデザインなどの、「概念」つまり「考えること」が必要な部分は自動化できないでしょうけど、逆に言えばそれ以外は自動化できてしまう。

実際、我々もそういうシステム構築をしていて、自動化・効率化できるところは効率化し、それによって生まれる時間を「考えること」に使います。

htmlコーディングや、問い合わせフォームなどのcgi設置でお金をもらえる時代はそのうち終わります。

それは、印刷物という「モノ」でお金をもらっていた時代から、印刷物の「中身を作ること」でお金をもらうことに変わっていくように。
もともと、「中身を作ること」が、「モノ」の代金に隠れてしまってただけですけどね。

bCDのWEBマーケターで、MT(MovableTypeというサーバーインストール方のブログツール)大好きなシゲ☆さん、合法な範囲で例の「シゲ☆さんセレクト集」をWEBカタログにしてください。

そうそう、WEBで何かするときは、著作権のことを気にしてくださいね。