ほっかブログ

タグ「おかん」

今日はおかんの誕生日

8月6日はおかんの誕生日。

終戦記念日なので、テレビをつけると暗い顔をしている人が多い。


おかんの昔の頃の写真を見ると、変なパーマをかけてた。

おとんにそのときのことを聞くと、「イヤだったけど言えなかった」そうだ。


おかんとおとんは、足が早い。

小学校の頃、二人三脚のリレーでごぼう抜きだったことがうれしかった。

おかんは35歳のころ、「ビートたけしのスポーツ大将」に出た。

スペシャル版で、東海予選は豊田市で、予選を通過して、全国大会は東京。

種目は短距離100m。

全国大会では3位くらいだったかな。

コカール君が走っていたことと、井出らっきょがカメラに土下座してた記憶がある。


その後、たけしが捕まって番組もなくなったけど、いい思い出だ。

ちなみに、両親は足が速いのに、自分は遅い。妹も遅い。


時は過ぎ、私が豊橋で一人暮らしをしてた頃、ネコをもらった。

黒猫で、名を「たなか」と言う。

しばらく一緒に住んでたが、ノミがわいたり、痒くなるので、実家に持って帰った。

おかんは怒って、「どっかに捨ててきな!」と言っていた。

実家に帰るたびに「誰かにあげちゃうでね」と言っていたが、トイレやネコじゃらしなどのグッズが増えていた。

ネコの飼い方という本も増えてた。こういうのはおとんの仕業だ。

たなかはおかんになついていた。

たなかが悪さをすると、おかんは叱る。

だいたい「たなか!」と叱るとシャーッと逃げていくのだが、
まれに「さとこ!」と、間違えて妹の名前を呼んでいたことも今では懐かしい思い出だ。
その場に妹がいなかったのが救いだ。


ある日、たなかが道路の向こうから、おかんとおとんを見つけてこっちに走ってくるときに、トラックにぶつかって天に召された。

私は帰ってからそれを知ったが、仏壇の前に発泡スチロールの箱があったことを覚えている。中は見ていない。


おかんは一週間くらい悲しんでいた。たなかと間違えられた妹も心配してた。


最近聞いたのだが、たなかが死んで一週間くらいは、

「お昼に家に帰るたびに涙が出てきてねぇ。
おじいさん(おかんの父親)が死んだときも涙が出なかったのに」

と、食事ものどに通らなかったようだった。

余談だが、おばあちゃん(おかんの母親)は、「ネコは悪さするであかんだ」と、ネコを目の敵にしている。


自分は、大学を中退したし、バンド活動やって就職しなかったり、最近もいろいろ迷惑をかけていて、もうちょっと孝行したいと思うが、なかなかできていない。

今日も誕生日だが、送別会があるし、実家には行かない。
Tシャツを作ってあげるつもりだが、まだデザインしていない。

こうして、なんとなく日々が過ぎていくけど、それもまたいいかな、と思ってる。


誕生日おめでとう!