ほっかブログ

カテゴリー「Adobeアプリとか」

基礎が大事

今日もデザイン制作やcakePHPのプログラムに、あーでもない、こーでもない、あれ?動かない、あ、動いた、という具合に時間がかかってしまった。

とくにグラフィックデザインは時間がかかるし、うまくいかない。
いつもそう。

bCDができた頃、5年前くらいに、「デザインの基本を学びたい」と言っておきながら、いまだにわかってないことが多いんだな。

基礎ってのはホントに大事なんだよ。
よりどころ、とでも言うのかな。

それがないと、何をどうしていいのかわからない。

イラストを描くときでもそうなんだ。

人物のイラストをかくときに、何かを見ながらしかかけない。
自分が思うようなポーズの資料を一生懸命さがしたりしてさ。

で、デッサンが狂った絵を描いてしまうんだ。

何度もいろんなポーズを描くのもいいけど、骨を勉強したほうがいい。
骨と筋肉ね。

井上雄彦さんはさ、スラムダンクの時は、バスケ雑誌を見ながらほぼ同じポーズを描いてたんだけど、バガボンドのあるときから、急に絵に迫力が出てきたんだ。
骨を勉強したらしい。

自分もそれを知って、骨を学ぼうと思ったわけよ。

まだまだ未熟ですが、最近やっと少し理解してきて、その重要性もわかってきた。

 

まずは、骨だ。骨の次に、筋肉。服は色はそれから。

もっと基礎を身につけないと、効率が悪いですわ。

CS5、届く。イラレとフォトショを少し触る。

CS5が届きました。

インストールは早い。すぐ終わった。
CS3のときは2時間くらいかかった気がするけど、さすがだ。

さて、気になる機能を。

まずは、Photoshop CS5の「コンテンツに応じる」機能。

なにかを消すと、背景を補完してくれるという便利な機能。

発売前から動画などで気になっていたけど、実際、うまいこと使えるような画像があまりない。

すごい!と思われそうなサンプル画像を作ろうとしたけど、私の画像ではよさそうなのがなかったです。


次に、Illustratorの線幅ツール。なんといっても注目はこれだ。

線幅は感想。思ったよりは使いにくい。

でも、線と塗りの設定を維持したまま線幅に抑揚をつけることができるので、作業効率はグンと上がる。

線幅は線に対して垂直に幅を指定することができ、左右で違う幅にすることもできる。

慣れるまでは難しいかな。

上の画像が線と塗りなのだが、線の角はなかなか思うようにできないので、こだわるならアウトライン化して修正は必須だ。

 3Dグリッドツール?だっけ?も注目で、3点透視までのイラストが描きやすくなってるみたいだけど、まだ試してない。


いろいろ表現が広がりそうだが、

「あ、これイラレのあの機能でしょ?」

…みたいに、機能に使われることの無いようにしてください。


なんてね。

CS4を導入した。

AdobeCS5が5月末に登場する。

新作が発表されると、しばらくの期間は現在のバージョン(CS4)を購入すると、新バージョン(CS5)への無償アップグレードがついてくるのだ。

というわけで、CS4をポチっとした。



このマシンもだいぶ処理能力に限界が見えてきて、CS4なんて動くかどうか不安だったけど、思いのほか快適だ。

とくに、デジカメNIKON D5000で撮影したRAWデータを処理できるってのがいい。

フォトショップの回転ビューツールもいい。

イラストレーターはアートボードやトリムマークに戸惑うが、アピアランス関係が便利になってていい。


そして昨日、CS5の発表会を初めてのユーストリームで見たのだが、CS5は恐ろしい機能満載で困る。

画像修正が便利すぎるし、インデザインで動くページを作れるし、 AfterEffects(購入しないけど)の切り抜きは脅威だ。


しかししかし、機能は作業軽減になるけど、写真や素材そのもののクオリティが良くなければ生かせない。

いくら画像処理が便利になっても、ピンボケしたような写真ではだめなのだ。


自分はcanon使って撮影したりするけど、まだまだきれいに撮れない。

フォトグラファーってすごいな、と思うよ。


イラストレーターを便利にして作業効率3倍!

テキストばらし! 

おにいさんおはようみんな!
おにいさんは、イラストを描くことが好きで、イラストレーターが好きだよ。

今日は、イラストレーターの便利な使い方のひとつで、おにいさんがよく使う「テキストばらし」を紹介するよ。

画像の左のような、連結されたテキスト。テキストをコピペすると、こうなるよね。

これを、左のように、バラバラにしたいときって、結構あるよね。
名刺とか、メニューとか。

みんなは、どうやってる?

ひょっとして、コピペを繰り返してる?

おにいさんは、「ファイル」→「スクリプト」→「テキストばらし」で一発OKさ!
なんて便利なんだ!

でも、きみのパソコンではできないから、できるようにしよう。

1.スクリプトファイルをダウンロード

ここのサイトから、テキストばらしをダウンロード。
CS3の人でも、CS2をダウンロードすればいいよ。

テキストばらし.jsx
http://d-p.2-d.jp/ai-js/pages/01_scripts/text/#10_split_text_line

2.スクリプトフォルダにいれる

ダウンロードした「テキストばらし.jsx」を、イラストレーターのスクリプトフォルダに入れよう。

WIndowsなら、
C : Program Files / Adobe / Adobe Illustrator CS3 / プリセット / スクリプト

MacOSXなら、
OSX : アプリケーション : Adobe Illustrator CS3 : プリセット : スクリプト

イラストレーターのバージョンが違う場合は、そこんとこを考えて。

これでOKだよ。

イラストレーター起動(再起動)してみて。

メニューの「ファイル」→「スクリプト」のところに「テキストばらし」ができたかな?

スクリプトフォルダには、機能ごとにフォルダにまとめたりもできるから、いろいろなスクリプトを入れて、作業効率を3倍にしよう!

さっき紹介したサイト「イラレで便利」には、他にもいろんなスクリプトが紹介されてるから、見てみてね。

このスクリプト機能は、とっても便利な機能で、おにいさんも昔、Indesignで自動面付スクリプトを作って、今でも活用してるよ。

Adobe CS3についての所感。

Path10CS3.jpg

先日、ActionScript3を使用したほうがいいだろうという案件があり、AdobeCS3のDesignPremiumを導入しました。

全体的な印象としては、重い、よく落ちる、パネルのドッキングがうっとおしいなど、気になる点が多いのですが、新しいものは好きなので、許します。
いいところ。Illustrator→Flashへコピペなど、アプリ間のコピペが非常に便利です。

イラストレーターCS3に関しては、ショートカットの「グリッドに吸着」を切り替えたときに、選択中のオブジェクトがちょっと左に移動するという不具合がやっと解消されてました。
あと、パスファインダのパネルの辺でAltを押すと、変なパスファインダが適用されてしまうという不具合も解消されてました。
ただし、よく使うコマンド「パスのアウトライン化」をしたときに、アンカーポイントがいままでの倍くらいになってしまうのが非常に不便です。

IndesignCS3は、CS2のファイルを読み込んだときに、パスが変になってしまうことがあります。
あと、inx(下位互換ファイル)はCS2用で、CS用のinxは、さらにCS2でinxを作成する必要があります。
一般的にはあまり必要ないでしょうけど。

アプリ間のコピペ、ActionScript3などが必要なければ、急いでアップグレードしなくてもいいと思いました。

Indesign 自動化:IndesignCS2→CS形式(inx)へ書き出す

mentukekun.jpg
オンデマ!というサイトを作成し、運営してます。小部数印刷のサイトで、お客様からデータを入稿していただき、オンデマンド印刷→納品するサイトです。
このサイトを運営するにあたって、お客様のデータを面付したファイルをブラザー印刷へ渡しているのですが、さまざまなサイズのデータを面付するのもひと苦労です。
しかも、自分はIndesign CS2を使っていますが、ブラザー印刷ではIndesign CS、CS2が混在しているので、Indesign CS用データも書き出したほうが親切です。
と、いうのも、Indesign CS2のデータはそのままではIndesign CSでは開けないので、.inxというファイルに書き出し、CS側はそれを読めるようにアップグレードしておくのです。
とりあえず、面付を自動化してみました。
Indesignの”スクリプト”は強力で、いろいろなことができます。
コードネーム「面付け君」というスクリプトを作ってみました。
仕上がりサイズ、用紙サイズを入力し、epsデータを選択すると、そこのフォルダ内のすべてのデータが、自動的に最適な面付数に面付され、インデザイン形式(.indd)で保存されるものです。
ここまでは文献を調べればよかったのですが、CS互換ファイル(.inx)を自動的に生成する方法がわかりませんでした。
インターネットは便利なのですが、ここまで専門的で用途の限られる資料は無かったのです。
日本語では。

続きを読む »