ほっかブログ

カテゴリー「雑記」

個展に行くの巻き

お友達の作品展に行ってきた。
6/30までで、週末に行けなかったからあやうく行けないとこだった。

名古屋栄のHug-Hugというお店。
メニューはdaily37さんによるもの。この人の作品は去年のクリマで初めて見たけど、なかなかいい。

作品展は社内報にも登場したことのある、妃里さんの「猫の遊び場」です。

イラストとはまた違う、ペーパークラフトの作品。
なかなか楽しい!

店内のいたるところに猫が遊んでます。

  

こんなとこにも。これ、かっこいい。

カウンター10席、ボックス2つ。いい雰囲気のバーだったし、オムライスその他もおいしくいただけました。

ついでにLOFTのジュンク堂書店でいろいろ見たり、うろうろしたらネットや近所でいくら探しても見つからなかったアイテムを見つけたり、とてつもなく有意義でしたよ。

普段なら知りえない場所だけど、こういうきっかけがあって、新しい発見があるね。

基礎が大事

今日もデザイン制作やcakePHPのプログラムに、あーでもない、こーでもない、あれ?動かない、あ、動いた、という具合に時間がかかってしまった。

とくにグラフィックデザインは時間がかかるし、うまくいかない。
いつもそう。

bCDができた頃、5年前くらいに、「デザインの基本を学びたい」と言っておきながら、いまだにわかってないことが多いんだな。

基礎ってのはホントに大事なんだよ。
よりどころ、とでも言うのかな。

それがないと、何をどうしていいのかわからない。

イラストを描くときでもそうなんだ。

人物のイラストをかくときに、何かを見ながらしかかけない。
自分が思うようなポーズの資料を一生懸命さがしたりしてさ。

で、デッサンが狂った絵を描いてしまうんだ。

何度もいろんなポーズを描くのもいいけど、骨を勉強したほうがいい。
骨と筋肉ね。

井上雄彦さんはさ、スラムダンクの時は、バスケ雑誌を見ながらほぼ同じポーズを描いてたんだけど、バガボンドのあるときから、急に絵に迫力が出てきたんだ。
骨を勉強したらしい。

自分もそれを知って、骨を学ぼうと思ったわけよ。

まだまだ未熟ですが、最近やっと少し理解してきて、その重要性もわかってきた。

 

まずは、骨だ。骨の次に、筋肉。服は色はそれから。

もっと基礎を身につけないと、効率が悪いですわ。

時間が…

時間がないってたまに思うけど、実際時間があってもボケボケしたり、ぐうたらする時間が増えるだけのダイスコだ。
だから、もっと気合を入れて時間を凝縮すればなんでもできるんじゃないかと思っていたこともあったけど、ぐうたらする時間も必要なのかな、という怠惰な自分(タイダイスコ)と、いや、もっと凝縮せよというストイックな自分(ダイストイック)がせめぎあい、僅差で怠惰な自分が勝つ。鼻の差。
余談だけど、ものごとを考えると反対の意見を持つ自分も同時にあらわれるのはみんな同じだろうか。

さて、なにかをしないいい訳として「時間がない」「お金がない」と、よく使う。
でも、他のことに使う時間やお金はあるし、ボケボケしてたり、余計なものを買ったりもする。

つまり、それに使う時間やお金を出せないってことで、優先順位やモチベーションや重要性の問題なんだね。

訪問販売を断るときも時間がないのではなくて、興味がないんだ。
下手に「時間がない」と言うと、日を改めたりされる。だから、興味がないと言って断ったほうがいい。相手のためでもある。

逆に、売る方からすると、時間やお金は断るための口実だということを理解しておきたいね。

本当に欲しければ時間を作るし、お金も出す。
安ければ買う、などは提供する価値を感じてもらえてない。

そう考えると、まずは欲しくさせることだな。

えっと、つまり、時間がある!

以前の記事をインポート

PNDMAN

bCDオフィシャルブログに書いた記事をこちらにインポートしました。

ブログというものが普及する以前から、「風」というエッセイ?日記?みたいなものを書いていましたが、読み返すと面白いものです。

同じ記事を何度も書いたりしてます。

 

ひとつの記事を書くにも、かなり時間がかかることもあり、記事を書いても、なんかしっくりこなくて非公開(下書き)のままにしてあったりするので、何を書いたか忘れちゃうんですね~。

 

で、bCDのブログはわりとオフィシャルな内容で、WEB制作などを意識しているので、こことは使い分けてたのですが、雑記ということで一緒にしちゃってもいいかなって。ゆでがえるの話好きだし。ほかにも懸念するところはあるけど、まぁいいや。

 

そうそう、最近は社内報やマンガやチラシや帯でわりと詰まった日々でした。

土日出勤して夜遅くまでやって、疲れて金縛りにあって(今回はならなかった)…、という状態になってしまうのですが、こういうことが、年に何回かあるのです。

 

スケジュール管理ができていないだな。

こないだも社長に頼まれてた写真を探すの忘れてたし。

 

そこで、cakephpという、データベースを簡単に使えるフレームワークを勉強して、todo管理(やることの覚え書き)ツールを作ってるのです。

ほっかやオンデマ!の開発でやることも結構あるし。

 

最近はスグルーが開発してくれるので、開発案件もちょっとずつ進むようになってきました。

なかなか手を出せなかったサーバー関連のことを調べてくれてます。

今後は開発の協業になるので、プロジェクト管理やバージョン管理が必要になってきますが、trakみたいな大掛かりなツールはちょっと使いづらいのです。

 

ちなみに、現在はwordressmuという、ほっかと同じシステムを使ってbCDの日報や制作案件の管理をしていますが、基本的にブログなので、見積やtodo管理には向いてない。

プラグインで無理矢理todo管理、進行状況の確認ツールを作ってみたものの、いろいろな処理で遅かったり、やはりブログなので限界があるのです。

見積書作成は、phpで作って、それとwordpressmuと連携していますが、ソースが汚いので、これを機会にcakeで作り直したのです。

 

ある程度できたものの、認証がおかしかったり、クッキーがお菓子かったり、そこでスグルーに直してもらったのが昨日のこと。

 

明日はbCDの人たちに、欲しい機能を聞いて見ます。聞くだけ。

僕はこの瞳で風邪をひく

金・土・日は祖母のお葬式でした。

 

金曜に危篤の知らせがあり、トヨタ記念病院へ向かったのです。

ちょうど帰宅ラッシュの渋滞で、しかも曲がるところを間違えたらそこはトヨタ本社の駐車場。
通り抜けるのに一苦労で、そうこうしている間に息を引き取りました。

通夜、葬式ともに、かけつけた親族に囲まれて、おばあちゃんは幸せだろうな、と思いましたが、総勝手に思っているだけで、いまとなってはどうかわかりません。

ひ孫の園児だちが大はしゃぎで、おばあちゃんの写真がそっちを見て微笑んでいましたが、それは写真であって本人ではないです。

使い捨てのウェットなおしぼりのパッケージには、「感動葬儀。」と書かれていて、なんだかなあと思いつつ、みんな涙を流していたので、いろいろ思い出したりして、感動?というか泣けてきました。

温かい親族に囲まれて、おばあちゃんは幸せだろうなと思いましたが、やはりもういないので、実際は思うことすらないでしょう。

 

葬儀は、本人のためではなく、遺族の心の整理や、故人を偲ぶためのものだと思います。

 

駆けつけてくれた人の中には、おばあちゃんというより、喪主への挨拶がメインの方もいらっしゃいますが、それでもいいのです。

 

それで、毎晩お酒を飲んで、しかも夜更かししてゲームをやっていたら、少しばかり疲れ気味になっていたのですね。

 

そして昨日、ブラザー印刷の年末状~ほっか宣伝Version 2009~を作るのに、風邪のマスクをした画像を探してて、いろんな体調不良な人の画像を見ていたら、だいぶ調子悪くなってしまったのです。

別件で同じような画像を見ていたシゲ☆さんも調子悪くなっていたので、これはただごとじゃないと。

 

たしかに、おいしいそうなものを見るとおなかがすくし、悲しい画像を見ると悲しくなるし、シゲ☆さんは巨乳の画像を見るとテンションがあがる。
最近では、シゲ☆さんのテンションがあがるのはそういうときくらいだ。
(自粛)

 

だから体調の悪い人の画像を見ると、風邪をひくのかもしれないなあ、と思いました。

 

見た目は大事だよ、というお話でしたか?

 

2008年9月13日、岡崎市に地震はきません。

もうじき、かねてから噂の東海大地震の予言の日です。

いや、別に東海大地震とか東海大震災とか、そういう名前があるわけじゃありませんが、愛知県岡崎市か中国のどこかを震源とする地震があるという、例のジュセリーノの予言のことです。

個人的見解では、その日に、地震は無いでしょう。

あったらすごい。

 

予言の解釈ってさ、クイズ番組で答えが出た後にかあちゃんが「やっぱりそうだと思ったのよ」っていうのと同じだよね。

 

前回のエントリでも登場した五島勉さん、著書「ノストラダムスの大予言」(かなんか)で、「1999年7の月~」の詩を人類滅亡と解釈して、その後、「そういうふうにならないようにという警告の意味だよ~」と言ったように、なんていうのかな、備えあればうれしいな、という事だと思います。

その日に地震が来なくても、地震に対する備えはあったほうがうれしいと。

ブラザー印刷社屋は、新社屋になって耐震バッチリなので、机の棚にある大事なもの(人呼んでガラクタ)で怪我をしないように気をつけます。

そうそう、話を戻して、ジュセリーノ。

ヘイ! 俺と勝負だ!

私、
9月13日、愛知県岡崎市にも、中国のどこかにも、M7規模の地震は来ないと予言します!

私の予言は、これが最初で最後にしよう。
当たれば、的中率100%の大預言者になれる・・・のかな?

 

一応、水をタンクに貯めておいてり、保存食買っておくけど、別にジュセリーノにびびってるわけではないですほんとですうそじゃないって。

 

おならをしたら、クビ。

おすもうさんで大麻が大流行、おすもうさんはヤク中ばかり!?
すもう業界は評判ガタ落ち。

そんなイメージで報道されてますが、個人的には過剰反応だと思ってます。
そもそも、大麻=麻薬というイメージですが、実はそこから少し違います。

わたくし、過激な大麻擁護派ではありませんが、合法化の署名を求められたらするでしょう。
でもあの署名運動って、効果あるのかな? なんだか署名運動って怪しい気がしてきたぞ。

 

おならをしたら、クビ

急におならのお話。

おならは悪臭を放ち、不快な音を響かせるため、周囲のモチベーションを下げてしまいます。

でも、がまんせずにしたほうが、身体によく、ストレスもたまらないです。

 

たとえばこんな会社。

A社では、仕事中におならをするとクビになります。

B社では、見逃してくれますが、何度もすると、謹慎処分です。

C社では、多少注意されますが、処罰はありません。

D社では、おならをするコーナーがあり、そこでは自由におならをできます。

 

C社でプープーおならをしながら働いていたシーゲーさん(仮)がA社に行ったら、いつものクセでおならして、すぐクビになってしまいますね、わかります。

 

おならが、大麻。日本は、A社。

ポールも、おすもうさんも、A社で逮捕されたってことかな。

「それは厳しい!」と思っても、法律で決まってることには従うしかないのですよ。

大麻が有害であるかどうかは関係ないです。

悪法ならば、いずれ変わるでしょう。

郷に入りては郷に従え。

 

InteretExplorerには、CSSのバグがあったり、表示が崩れたりしますが、それに対応するのが我々プロのお仕事。
IEに文句を言っても仕方なくて、その仕様(とバグ)の中でうまく表示させないとね。

別のブラウザには、また別の対応を。
Firefoxのシェアが伸びたとはいえ、依然IEがトップ。
Googleもブラウザを出しますが、従うべき郷が増えてしまうのです。

郷に入りては郷に従え。

 

郷を変えてしまうのもいいですが、自然は壊さないようにね。

 

※大麻について、幼いころに多少調べたりしたので、興味のある方は続きで。
合法化してガンジャをガンガンきめたい人たちがよく言うことですね。

続きを読む »

たばこが1000円になるかもです。

10年くらい前のことです。

もともと、たばこは吸わない私ですが、みんなが「やめれられない」て言ってるのが情けなくて、ヘビースモーカー、あ、ヘヴィースモーカーになろうと決めました。

「たばこを吸わない人間に、禁煙のつらさがわかるはず無い」と思われるからです。

情けないのは、やめたいのにやめられないという意思の弱さ。
ダイエットしてるのに、大盛りにしてしまう意思の弱さ。
朝起きられない弱さ。
最近は朝バナナがダイエットにいいそうです。

結果、ヘヴィースモーカーにはなりませんでした。
多くても1日1箱くらいです。でも、お酒を飲むともっと。
そして、やめられなくなりました。

やめたいって思わなかったし、理由もないし。そうそう、理由って大事ですよね。

でも、5年くらい前に、やめようと思って、やめました。
やめようって思ったら、やめれました。

自分はすでに禁煙派。

たばこにいいことありません。
禁煙の場所も増え、吸わない人も増えました。

JTは「あなたが気づけばマナーは変わる」って言って、たばこのマイナスイメージを払拭しようとしてますが、それでは無理だと思うのです。

たばこを売るには

たばこの値上がり、世間の意識から、ますますたばこの売り上げ(利益)は下がるでしょう。

まず、たばこのマイナスイメージを変えないといけません。

JTさんが提唱する、喫煙者のマナーの向上。これでは、最上限にがんばったところで、マイナスが0になるだけです。
いくら携帯灰皿を使っても、吸わない人よりは、迷惑なのです。

他にも、

  • イライラしやすくなる
  • 煙が迷惑
  • 臭い

自分への影響としては、健康と金銭ですが、上記による周囲からの評価にも影響があります。

吸う人のほうが、吸わない人よりも世の中のためになれば、プラスのイメージになるでしょう。
たばこを吸う人は、みんな機嫌がいいとか、いい匂いがするとか、仕事をテキパキこなすとか。
あと、税金をたくさん払ってるとか。

そこで、これからの社会において、売れるタバコとは何かを考えてみました。
少し前に考えて、既出のネタですが、改めて。

JTさんは、このたばこを開発し、一発逆転を狙ってください!

それは、

 

 

 

 

 

続きを読む »

竜南メーンロード

岡崎市の中央を横断する竜南メーンロードを通って、シャガールの絵を見てきました。

いまでこそ違和感を感じますが、「竜南メーンロード」が正式名称です。
英語表記には”Main”を使ってるのですが、そういう名前だから仕方ないです。

つまり、竜南メインロードではないのです。
竜北メーンロードもあります。

ヴィデオ

B系のクールな雑誌を見ていると、「ヴィデオも観たいです!」というような表現に違和感を覚えましたが、さっきのメーンとは逆ですね。

ライ、コラボレション、 ラ・ソング、フレイヴァーなどなど、鼻につく感じですが斬新です。

社長がアイポッドを、アイポッドと言ってたのを思い出します。
気づかなかったかもしれませんが、2回目は、アにアクセントがあります。
むしろ、イパッドゥ。

ホームページだって、ほんとはホームペジなわけですよ。
ウェブサイトは、ウェヴサイト? これはWEBなのでブです。

ビーシーディーは、ビースィーディー。

ブラザー印刷は、どっちかと言うとブラダー印刷(Google検索)?

母音のある日本語と、子音の多い英語では基本的な発音が違うのですが、英語に近づけることがかっこいい的な流れっぽいと思います。ルー語とは違うくて。

「ビデオ」に違和感を感じられる時代の到来ですか。

でも、サイトに「ホームペイジ制作します。」なんて書いてても、SEO的に不利になること間違いなしです。でも、やってみます。

ロジックでデザイン。

perspective1.jpg

たま~に見かけるのですが、ポートフォリオやWEB制作実績をかっこよく見せようとして、上のように立体的な感じにしているものがあります。

上の図は、四角形を適当に変形させただけのもですが、パースの崩れが気になります。
他のグラフィックを作りこんであるところでこのような崩れを見つけると、非常に残念な気持ちになります。

perspective2.jpg

一点透視してみる

一点透視で描くと、このように位置が揃っていないことがわかります。
一点透視で描かなくてもわかりますけど。

図は、まず手前のマゼンタ色の四角形から、消失点を求め、地面に等間隔のグリッドを作成し、それを元に(略)。青と緑の四角形が修正したものです。

ホントは消失点や地平面を先に描くのですけど。
perspective3.jpg

これが修正図。

違いがわからない人には、わからないものなので、わからなくてもがっかりしなくていいです。

ベースの音みたいなものですね。よくわからないけど、楽曲全体を支えているし、雰囲気も変わる。

一点透視や二点透視で厳密に再現しなくてもよいのです。その理屈がわかっていると、デザインもさらによくなることと思います。

簡単な図ならいいのですが、複雑な図はbCDの新入社員(1年目)スーグルに3Dソフトで再現してもらうのです。