ほっかブログ

カテゴリー「日記的ななにか」

一番気軽な英会話の空間がスタート!~UNIQUE English Cafe

ユニーク・イングリッシュ・カフェ
http://beunique.jp/newsandtopics/546

ユニーク・イングリッシュ・カフェが始まる。
マンツーマンレッスンではなく、英会話を楽しむコーナー。
どんな風になるのか楽しみ。

僕もバーで働いてた頃、カタコトの英語で海外からの留学生とよく話をした。
LAの美女と、

See you later.

Later ? When is later ?

… Tonight!

のような会話をしたもんだ。いい思い出だ。

自分の英語歴は大したことなく、中学・高校と並みの成績で、とくに優れていたわけでもなく、とくに英語が好きだったわけでもない。
お互いが理解しようと思えば、中学英語で十分通じるけど、もっと単語を知っていたら、もっといろいろ話せると感じた。

でも、バーをやめてからは、英語で話す機会は無くなった。

なんとなく英語が出来たらいいな、という程度の気持ちでいたけど、とくに何をするでもない。

そんな折、たまたまブラザー印刷に英語ができる人が入ってきて、英会話教室を始めた。
これはいい機会だと思い、レッスンを受けてみることにした。
逆に、こんな機会でもなければ、英会話をすることなんて無かったと思う。
(自社の商品を知るという理由も少しあった)

 

マンツーマンレッスンや、グループレッスンを何度か受けてみると、いろいろな発見があるんだ。

まず、英語で話すことが楽しい。

講師Mr.フカダの進行が楽しい。

英語で話すことで、普段なら聞かないことを聞けたりして、楽しい。

わからなかったら日本語で、日本人の感覚で質問できるし、ネイティブの言い回しも教えてくれる。

これは自信を持って薦められるものだな、と思った。

マンツーマンレッスンは本格的だから、やはり敷居が高い。
僕もブラザー印刷でやってなかったら、受けてない。
でも、やってみると楽しい。

この楽しさを、ブラザー印刷にいなかった場合の自分にも伝えたい。

ユニーク・イングリッシュ・カフェなら、それができるかもしれない。
文法や単語は間違ってもいいんだ。

少しでも英会話に興味のある人、おすすめです!

Let’s talk in English and know each other more!

この映画を見ろ!

ビデオレンタルで選んでると、結構気になるものがあってさ、でも借りない。
借りないけど、気になる。

そんな映画を紹介するので、見た人は感想を聞かせて欲しいんだ。

まずはこれ。
ツボに一番ヒットしたのがこれ。

トランスモーファー。
もちろんあれだよ、最近3作目が上映されてるロボットのやつ。みたいなやつ。

トランスフォーマーは1作目、2作目と見たけど、ロボットの変身が楽しかったわ。

続きを読む »

ロイポリ

最近ロイポリを見かけない。
どこに行っても売ってないので、通販で購入した。50本。

ロイポリとは、オロナミンCロイヤルポリスのことで、昔から勝手にそう呼んでいる。

数年ぶりに飲んでみた感想は、やはり、思い出補正がかかっていたってことだ。

さて、ここんとこ記事を更新してないように感じられるかもしれないが、さぼっていたわけではなく、公開にいたらなかっただけなんだ。
要点だけまとめてみた。

◆「国が政策を示してくれないとなにもできない」知事は、「上司が方向性を示してくれないと何もできない」社員に似ているな、と思った。九州の原発再開のニュースを見て。

◆「地産池消のチラシを刷るのに、ネットプリントってどうなの?」と思った。
安い海外の野菜を買う消費者に似てる。
でも、それを問題視してるのは一部の食料自給率に危機感を持つ人だけ。

◆何事も、動かせるのは自分だけだと思った。
何事もそうだけど、あの人がこうしたらいい、という案は解決にならない。
自分に何ができるか。
それだけなんだよね。
さっきの知事の話も同じでさ、誰かが何かをしてくれることを望むのは、ストレスを生むだけだよ。

 

ここに自分しかいなければ、自分で戦うしかない。
でも誰かがいると、その人が戦うことを望んでしまい、その人が戦ってくれないと、それがストレスになる。

これは、「どうせダメだろう」と言う、絶望的観測とも違うんだよね。
ロイポリを期待して飲む。
思ったほどの感動は無い。

ロイポリに立腹してはいけない。ロイポリは元から何も変わってないのだ。
期待しすぎた自分を省みて、10本だけにすべきだったかと検討し、それを受け入れる。

すると、残りの49本のロイポリが輝きだした。

冷蔵庫にたくさんあることが嬉しいぞ。

てか、うまくなってきた!

クリマ出展記録

クリエイターズマーケットに2日間出展した。
マスク職人MASKARA de 66との共同ブースで、マスクとTシャツがメインだ。

マスクの販売は人目をひいたようで、注目度が高かったように思う。


これがブース。
職人による壁が存在感を際立たせる。

 


並ぶマスク。

 


クリエイターズトランプのシークレットを持っている方々。


マスクを試着するお客さん。


こちらも。


お買い上げいただく人もいる。似合う。


マスク職人はいろんなマスクをかぶる。


一押しのごはんTシャツ。


他のブースの人と。


自分も、マスクをかぶる。

 

作ることと、それを気に入ってくれる人と出会うことが楽しい、クリエイターズマーケットでした。

 

次回は12月3日、4日。

レイアウトや陳列、ポップなど、もっとやりたいことがたくさんだ。

冬なので、Tシャツはそこそこにして、トートバッグ、カメラストラップなどを準備していこうと思うんだ。

 

ミカコム、モモちゃん、ヨシヤとミッチー、来てくれた人たち、ありがとう!

勇者3人

勇者3人よりも、戦士・僧侶・魔法使いのほうがいいよね~っていう話を今日したんだ。

以前のエントリに書いてあった。
http://bcdaisuke.hokka.in/archives/403

パーティーだと、行動が制限されるけど、一人じゃ行けないとこまでいける。

得意分野を生かし、不得意分野は補い合える。

回復は誰かに任せて、ガンガン攻撃できるっての、いいよね。

写真、転送できず。but

20110508-002449.jpg

どうも、こんばんわ。
画期的な方法で今日撮った写真をアップしようとしたけど、できなくて、あきらめて眠りについたけど寝れないから仕方なく最後に思いついた方法でアップすることにしたワカイです。
daiscoです。

まず、EOS KISS Digital XからiPadへ写真を転送します。USBキットで繋げればすぐできます。転送に割と時間がかかります。

転送したものはiPadのスライドショーで見れるので、家族も満足で、それを見た父親はまたiPadが欲しくなってましたが、たぶん使いこなせないので止めておきました。

で、その転送したものをbumpでiPhoneに送ればいいや、と思っていたけど、それができない。bumpの仕様が変わったのか、ネットにつながないとbumpが使えないみたいだ。
iPadは3Gがついてないやつだから、結局bumpできずに、送れなかったわけです。

Bluetoothで転送できるアプリもあるみたいだけど、今iPadがネットにつながらないからアプリは入れられないんだな。

Cobrowserって言うiPhone経由でiPadからwebブラウジングできるアプリを入れてるからつなげたけど、ブラウザのファイルアップロードフォームが使えなかった。
つまり、できなかったってこと。

で、最終手段。

iPhoneのカメラでiPadのスライドショーを撮影。

目的は達成できた。

20110508-002406.jpg

このフラミンゴは望遠レンズ。
これ以外が単焦点30mm f1.4ってやつ。

20110508-002358.jpg

20110508-002350.jpg

とりあえず、iPadからiPhoneに画像が送れるアプリを入れておこう。

iPhoneからiPadはUSBキットでできるんだな。

単焦点レンズを買った。

20110507-220842.jpg

今日は家族のイベントで浜名湖に来てる。
こないだ、勢いで単焦点レンズを買ったきっかけのひとつでもある。
3万くらいだったら買おうかと思ってたけど4万くらいしたから、実はちょいあきらめモードだったんだ。
しかし、あたまをフル回転させて中古レンズという発想にたどりつき、その回転数のままキタムラに行ったら、ちょうどあったんだ。

で、かくかくしかじかで、時間にゆとりがあるから、iPhoneでブログ書いてるんだな。

WordPressのiPhoneアプリいれると、iPhoneから投稿できるよ。

PCで書く時は何度も(1回か2回)推敲するけど、iPhoneだと推敲するいとまは無いね(要は面倒ってこと)。

ほんとはカメラとレンズのことや、今が佳境のフリーマガジンのこととか書こうと思ったけど、そういうことはPCでしっかり書くことにする。

今日の小旅行はだいぶ前から決まってたし、マガジンの山場はずらしたスケジュールだったんだけどね。軌道修正はあって然るべき。

心境はちょっとそわそわするけど、時間があるんだな。

だからダラダラとブログを書いてる次第であります。

そうそう、せっかくレンズ買ってはりきってたのに、予備のバッテリーを忘れた。
しかも、ちょっと風邪っぽくて喉が痛い。
ヨシヤが風邪ひいたと言ってた時には黙ってたんだけどね。

さらに、せっかく写真撮ったけど、iPhoneからはアップできない。

いや、まてよ! できるかも!

3月31日 フォトな日

3月31日、晴れ時々雨

きょうは、フォトスタジオのスタジオZEROさんへいってきました。

同じクラスのしげくんと、みきにいちゃんと3人でいきました。

フォトグラファーのすず木さんは、写真のことをいろいろおしえてくれました。

カーネーションの写真をとるときに、いろんなせつびを使っていたので、しげくんはびっくりしていました。

ぼくは、まえに来たときに見たことがあったので、びっくりしなかったです。

でも、すごいなあ、と思いました。

写真をとったあとに、みんなでごはんを食べました。

帰るとちゅうで、ボクがおしっこをしたくなったので、ヤマダ電機のトイレに行こうとして、しげくんが「マックを見たい」と言っていたけど、まちがえてマクドナルドのほうに行ってしまったので、マックは見れませんでした。
しげくんは、「あるいみ、マックだね」とは言いませんでした。

そのあと、今日から入社した女の子の写真をとりました。

しげくんは、いっしょうけんめい写真をとってたけど、

「あんまりいいのがとれなかった」

と言って、ざんねんそうにしてたので、ボクとみきにいちゃんは、

「そんなことないよ」

と言いました。

おせじじゃなくて、いい写真がとれたと思ったので、いんさつされるのが楽しみです。

あと、今日は新しい女の子が一人と、新しい男の子が2人入社したので、うれしいです。

デザインの力で世界を変えたい

「デザインの力で世界を変えたい」

採用活動をしているときに、履歴書かなんかにそう書いてる人がいたんだ。
誰かは覚えてない。内定者かな。内定者だったらちょっと恥ずかしいな。たぶん違うと思うけど。

世界を変えるだけの力が、デザインにはあると思う。 探さなくても事例は思い浮かぶよね。

「デザイン」、「力」、「世界」、「変える」、それぞれ言葉の解釈もいろいろだし、軽い気持ちなのか真剣なのか、一過性のものなのかどうか、性格などなどわからないことは多いけど、世界を変えたい、何か大きなことをしたいという、その勢いがいいよ。実にいい。

世間知らずが青臭いことを、と笑うのは、「戦う君の歌を笑う、戦わない奴」(中島みゆき/ファイト!)かもしれない。
戦わなきゃ、笑われてもしょうがないけどね。

こないだ石川遼君が言ってたんだ。

「目標はマスターズで優勝すること。」

だから、国内で勝つのは通過点にすぎない、と。

ゴルフのことはよくわからんけど、石川遼君のさわやかな笑顔の効果や、朝寝ぼけながらTVを見ていたこともあって、なんだかとてもいいことを言っているように見えた。石川遼君に対する好感度が、0(無関心)から少しあがったね。3くらいかな。

高めの目標に対しては、基礎的なことはもちろん、通過点もできてあたりまえなんだよね。

よし、今日からテーマはこれだ。

「世界を、変えよう!」

卒展に行くの巻

先日、内定者ヨシヤの卒展を見に行ってきた。

スギ薬局にボディソープを買いに行ったときに電話があって、「卒展のDM送るの忘れてました!」と言ってたんだ。
何かの賞をもらったらしい。ボディソープはLUXを買った。

「日曜日の2時から当番なので、日曜がいいです」
と言っていたので、日曜の2時ごろに松坂屋の寅副でハンバーグのランチを食べ、3時ごろに現地に行ってみた。

一周してもヨシヤの姿は無かったが、もう一周したらいた。

「今日当番じゃないの?」
「あれ間違えてて、(当番は)土曜日でした。」

などと会話を弾ませながら、ヨシヤの作品を見る。

作品のテーマは「祝日のポスター」。
日本の祝日を白黒写真とコピーで表現するもの。

以前からこのテーマについて話を聞いていたのだが、実際見てみると、想像以上によいものだった。

なので、次回の社内報に載せようと思うんだ。