ほっかブログ

カテゴリー「幸福論」

2015年、パラダイムシフト。

かつて、富の尺度はお金であった。
2015年、「幸福度測定器」が出るまでは。

2012年、人類は、幸福感を感じたときに脳内に発生する物質の測定に成功した。
そして、驚くべきことに、幸福物質が多いほど病気になりにくく、健康であるという実験結果も出た。

それまでにも、笑うことが健康にいいと言われてきたが、それが科学的・医学的に証明されたのだ。

幸福度は必ずしも財産には比例しない。
むしろ、財産と幸福度の関係性は無いかのように見えた。
あるいは、お金持ちのほうが幸福度が低い場合も多く見られた。

「なぜあんなみすぼらしい男より、私のほうが幸福度が低いのだ!」
憤るほどに幸福度は下がっていく。

ある宗教化は、宗教が科学的に証明されたと騒いだ。
鬼の首を取ったように騒ぐ宗教家を見て、不快感を感じた人の幸福度は下がった。

人々は、幸福度をあげることを目指すようになった。

お金というものについて考えるようになった。
そして、いかに無意味なものに執着していたかに気づいた。

これまでの尺度であるお金に対して、幸福度には決定的な違いがあった。 
お金は、一部の人が大量に所有することができる。奪うことができる。
幸福度は、誰もが上げることができるし、誰かの幸福度を奪って自分のものにはできない。

理解できない人間も多くいたが、適応するか、無視を続けた。

「お金があれば幸せだ」
「お金がなければ不幸だ」

そう考えている人たちは、しばらくは実際にそうであった。
お金を持っていれば幸福度はあがり、少なければ幸福度は下がる。
それは、資産依存幸福症候群と呼ばれ、時代が進むつれて次第に少なくなっていった。

 

そして2032年現在。

パラダイムシフトゥッッ:2012年からの幸福の形

小学生の頃にノストラダムスやUFO、ネッシーなどに恐れ、高校生くらいの頃に「超真相・宇宙人」を読んで、感化されたが、今思えばかなりのトンデモ本だったな。

その手の本によれば、21世紀には物理世界は崩壊し、精神世界がやってくるらしいが、それはトンデモ本だけでなく、心を扱う本や、宗教、心眼、開眼といった、宗教じゃないけど宗教っぽいところでもよく言われる。

※トンデモ本…とんでも無い本の略。オカルト系、エセ科学などを本気で書いてる本。

そうなるだろう、いや、そうなるべきだと思っている。

これは、いままであったようなパラダイムシフトとは大きく異なる。

天動説が地動説になっても、サルから進化して人間になっても、重力じゃなくて空間のゆがみであっても、我々の生活にはなんら変わりは無い。

しかし、物質ではなく、精神的豊かさを求める時代になると、生活も変わってくるだろう。

ノストラダムスの有名な1999年の詩の

「マルスは幸福の名の下に支配するだろう」

で、その後に幸福な1000年とかなんとかいう、まさにそれなような気もするが、胡散臭さは否めない。

 最近では2012年が旬で、フォトンベルトをはじめさまざまな説があるが、どれもノストラダムス程度だと思う。

そういう、どこか胡散臭い予言があるから、逆に「そんな世界はこない」と思ったり、そもそも直視されないのが現状だろう。

 

しかし、金持ち=幸せではないことは、うすうす感づき始めているのではないだろうか。

宝くじをあてた人はほとんどが不幸になるという話もある。

不動産関係の人から聞いた話だが、地主がマンション経営を始めると、その年は収入があって、調子に乗って使いすぎて、税金を払えなくなって手放すはめになってしまうらしい。
ちょっと売れた飲食店は、調子に乗って2号店など出して、お金がみるみる無くなって借金まみれになるとか。

見たことも無い大金を手にすると、なるほど、不幸になりそうだ。

 

ここまで前置き。ここから本題。

 

さて、ストレスは万病のもとであるし、笑うことが病気を治すこともあるのは御存知の通り。

みんなが、ストレスをなくし、笑いを増やしたいと思ってることだろう。

それを幸せと考えると、幸せであれば、健康になりやすいということだ。

 

そんなことわかってるけど、いやなこともあるし、簡単ではないよね。そう思うよね。
たばこだって健康に害あるけど、なかなかやめることできないしね。

そこでだ。

ノーベル賞モノの発明をしようではないか。

その名も、幸せ測定器「しあわせくん」

 

脳の研究も進んできてるし、脳内物質を調べたりすると、幸せを感じているときに多くなる物質があるはずだ。
逆に、ストレスを感じているときに多くなる物質でもいい。
その物質の数値を測定して、「幸せ度」を計測するのだ。

 

それが発明されると、幸せ測定器「しあわせくん」で幸せ度が高い人と、低い人を比較すると、病気になる確率がこんなに違います、的なことから始まって、さまざまな実験や検証がされるでしょう。まずは健康面からだろうね。

で、貧乏なんだけど幸せ度が高い人がTVなどにでてくるわけよ。
逆にお金持ちでも幸せ度が低い人もね。

そうすると、生き方を考えるようになる。

あれ? 外車なんて、いらなくない? 地位なんて、いらないよね?

いままでお金でしか計れなかったモノの価値が変わってくる。

お金やモノってさ、誰かが得ると、誰かが失くすんだよね。

幸せ度は、みんなが上げることができると思うんだ。奪い合うものじゃない。
ねたむと、自分の幸せ度が下がるわけだし。

 

少し前に、互恵の話を聞いたのだけど、欣度っていうのが、まさにそれだと思った。
欣度の見える化が実現したときに、世界は変わるのかもしれない。

 

 でもまだそんなものないから、PS3とFF13が欲しいのだ。あとウォシュレット。

 

ぶちて