ほっかブログ

カテゴリー「写真」

岡崎大花火は三尺玉よりでかい?

先週、蒲郡の三尺玉を見に行ったときに、岡崎の花火が小さく感じるんじゃないかと心配してたけど、そんなことはなかった。
岡崎は最大1尺玉(10号)。しかし、蒲郡の三尺よりも大きく感じた。

岡崎の花火は、殿橋のメイン会場と矢作川の2箇所であがる。
殿橋のほうがメイン会場で、そちらはいろいろな種類の花火があがるが、最大で4号だ。
矢作川のほうは数はメイン会場より少ないが、大きな花火があがる。

うちから徒歩で10分ほど歩くと矢作川の堤防につく。ちょうど大玉の打ち上げ場所の川向かいだ。

4時ごろに場所を確保しておいて、7時に花火が始まってから現地に歩いて行く。

堤防に近づくほどに花火は大きくなる。
鮮明に打ちあがる花火と、体の芯まで響く重低音にワクワクしてくる。

堤防に着くと、花火は見上げるほどの大きさになり、視界一杯に広がった。

思うに、蒲郡の三尺玉は打ち上げ場所が遠いから、視界に入る大きさが岡崎の一尺玉と同じくらいなんだろうね。

岡崎の花火はやはりすごいな、と思いながら、また三尺玉を見たくなった。

そうそう、メイン会場でZ、E、N、Tの文字があがってたように見えたけど、パチンコZENTのことだとしたら、ちょっと複雑な気分。

花火で遊ぼう! もわもわ~

蒲郡に三尺玉を見に行ってきた。

三尺玉は一発目はしだれ柳(V)、二発目は小さい花火がたくさんあるやつ、三発目はトイレに行ってて見逃した。

やっぱ三尺玉はすごいわ。
音もサイズも各が違う。とくにしだれ柳は、わざわざ蒲郡くんだりまで見に行った甲斐があったと言うものよ。

で、三尺玉が出るまでの間は、5号~10号(一尺)玉の花火の写真を撮って遊んでた。

去年、友人が見せてくれたおもしろ花火写真をやってみたのだ。

 

やりたいことは伝わるかな。

 

こういうカラフル花火だと面白い。

 

このアングルもうまくいけば面白いだろうな。

 

逆パターン。

なかなかうまくいかなくて、ISOやらシャッタースピードやら試行錯誤したけど、結論はこのレンズじゃダメだと言う事だ。
このF1.4の単焦点では明るすぎてしまうのだよ。

次回、8月6日の岡崎花火で他のレンズで再チャレンジするぞー。

牧歌の里でRAWデータ

 

牧歌の里は羊と遊べて楽しい。
牛のおっぱいもいじれる。

でも牛はかわいいのもいるけど、目玉が飛び出てて気持ち悪い。
馬も目玉が飛び出てる。
正直、トラウマになりそうなぐらいキモい。

クラウンの子もいた。かわいい。
日本ではピエロの名称のほうが定着してるけど、ピエロはクラウンの一人。

トナカイがみんな赤い鼻だと思ってるのと同じだ。
赤い鼻はルドルフだけだ。

 

カメラはいつもEOS KISS DIGITAL Xを使ってる。
写真を撮るのは楽しいね。

いつも写真を撮るときは多少弱気だったり、面倒になったりで、数枚撮って妥協するけど、
後で、もっと撮っておけばよかったと思うことが多い。

カメラを構えることに抵抗があるのかもしれない。
羞恥心とか、奇異な視線を感じるとか、迷惑じゃないかな、とか。

 

最近はRAWで撮って、後でフォトショップ(Camera raw)で現像する。
JPGに比べて、ファイルサイズは5倍くらい大きくなるけど、後処理の柔軟性が圧倒的に違う。

RAWとJPGの情報量は16倍~256倍違う。
JPGがRGB各色が256階調だとすると、RAWは各色4096階調の情報が入ってる。最新のカメラはそれ以上らしい。

ディスプレイは各色256階調だから、JPGと同じなんだけど、256階調を調整すると、256階調以下になり、下手すると階調とびする。
RAWは4096階調を調整して256階調にするから、階調とびを起こしにくい。

もっとわかりやすく言うと、JPGだと黒つぶれや白とびしてるところはどうにもならないけど、RAWならそこにも階調があって、補正することができる場合があるんだ。

撮影時にバッチリ設定してあって、後の補正が必要なければJPGでいい。
プロのカメラマンはそうしてるけど、素人にはそこまではできないですよ。

 

次の羊の写真はさっきのと同じだけど、RAWで現像時に色調整したもの。その下の写真がJPGをフォトショップで色調整したもの(を擬似表現した)。

比較すると、下の写真のほうが空が階調とびして透明感が無くなってるし、全体的に深みが無くなってるのがわかるかな。

RAWデータってすごいよね。
いつか「ゆるかめ」か何かでRAWとJPGの違いについて紹介しようかな。

個展に行くの巻き

お友達の作品展に行ってきた。
6/30までで、週末に行けなかったからあやうく行けないとこだった。

名古屋栄のHug-Hugというお店。
メニューはdaily37さんによるもの。この人の作品は去年のクリマで初めて見たけど、なかなかいい。

作品展は社内報にも登場したことのある、妃里さんの「猫の遊び場」です。

イラストとはまた違う、ペーパークラフトの作品。
なかなか楽しい!

店内のいたるところに猫が遊んでます。

  

こんなとこにも。これ、かっこいい。

カウンター10席、ボックス2つ。いい雰囲気のバーだったし、オムライスその他もおいしくいただけました。

ついでにLOFTのジュンク堂書店でいろいろ見たり、うろうろしたらネットや近所でいくら探しても見つからなかったアイテムを見つけたり、とてつもなく有意義でしたよ。

普段なら知りえない場所だけど、こういうきっかけがあって、新しい発見があるね。

仔馬のインディアンスパゲティ

仔馬のインディアンスパゲティ。

やわらかビーフがはいった、ビーフカレーを太めのパスタにかけて食べる。

食べる前から思っていたが、食べてみて思ったのは、リッチなソフト麺だわ、これ。

ハンバーグスパゲティにはかなわないが、もう一度食べたい一品。

最強のハンバーグスパゲティ

これが、私が最強だと豪語する、れすとらん仔馬のハンバーグスパゲティだ。

小学生の頃に近所の友達家族と食べに行った記憶があり、大人になってからふと思い出して行ってみたのが数年前。

うまかった記憶は、思い出補正ではなかった。

とくに、鉄板にこげついたナポリタンがたまらない。

ハンバーグも、柔らかジューシーでありながら肉過ぎない。
※肉過ぎる、というのは、ロッテ○リアかどこかの絶妙だか絶品だかのちょっと高いハンバーガーの肉みたいなものを言う。肉の味がするけど、うまくはない。

ナポリタンの味付けは濃いので、ごはん(ライス)やサラダがあったほうがいい。
ただし、ボリューム満点なので昼食は抜いておくことをおすすめする。

店内のレトロな雰囲気もまた味を際立たせる。

そして驚くべきなのは、その値段。

仔馬はカニコロッケ定食などは2000円以上と、客単価数千円のお店なのに、このハンバーグスパゲティはなんと、780円。

もう一度あえて言おう。

780円。

お得過ぎる…!


これまで数々のハンバーグスパゲティを食べてきたが(3つくらい)、ここのハンバーグスパゲティに適うものはいまだかつて見たことが無い。かすりもしない。足元にも及ばない。

そしてこれからも、これに適うものは無いだろう。


ガンプラー

ひさかたぶりにガンプラを作りました。
ベアッガイというモビルスーツです。

最近のプラモデルはパーツごとに着色してあるし、セメダインも不要なので、手を汚さずに簡単にできます。

小学生の頃はもっと難しくて、セメダインがなかなかくっつかなくて汚くなったり、色も少ないので地味でした。

セメダインといえば、おとんに大きな瓶入りのセメダインを買ってもらって、「大事に使いなよ」と言われつつ、友達とふたりでなんか変な3本足で白いプラモを作ってたときに、瓶を倒してセメダインが半分くらいなくなったことを思い出します。

 「こんなにたくさん使っちゃったの!?」と言われたけど、こぼしたことは内緒にしておきました。
今度おとんに会ったら謝っておこう。

そのときだったか忘れたけど、水を入れたコップにセメダインをたらしてみたら、きれいな膜ができて驚きました。
でも、なんか悪いことをしたという罪悪感を感じました。コップを汚しちゃったからかな。


[Foto : EOS Kiss Disital X / EF50mm F2.5 compact-macro]

そういえば、会社でガンプラ部みたいなやつでゾックを作るって言ってたのはどうなっただろう?



【眠る街、岡崎】エルエルタウン

小学生の頃、エルエルというお店ができた。
そこにはプラモデルやカブトムシ、ファミコンなどが売っていたので、行くのが楽しみだった。

ドラクエIIIが発売したとき、近所の友達、たかくんがそのエルエルに朝早くから並んでたんだけど、「9時くらいに従業員が列を並び替えてしまって買えなかった」と憤っていた。

ドラクエIIIといえば、当時ファミコンを持っていなかった自分は、これまた近所の年上の友人、あつくんにファミコンごと借りて遊んでたんだ。

そしたら、あつくんの冒険の書が消えてしまった。
LV50以上、賢者もいる冒険の書が、あの忌まわしいメロディーとともに。

しかたないから記憶を頼りに新しい冒険の書をつくり、パーティーを作っておいた。
全員LV1。名前と職業は、たぶんあってる。

数日後にあつくんが来た。

ドラクエIIIの電源を入れて「あれ!? あれ!?」と言ってたが、とりあえずしらを切っておいた。

あつくんは「LVあげておけ!」と言って去って行ったけど。


そんな思い出深いエルエルだが、いまやエルエルという店はなく、エルエルタウンとして、バロー、K’sデンキ、カーマなどが入ってる。

ここには、結構行く。


【眠る街、岡崎】岡崎市役所連結橋

という名前は勝手につけたけど。
岡崎市役所と消防のなんかをつなぐ橋。

広角レンズを勢いで買ったので、勢いで撮ってみた。

何枚か撮ったけど、かろうじて使えそうなのはこれだけ。なかなか難しい。けど、面白い。


【眠る街、岡崎】東岡崎駅裏

こっちが裏なのかどうかわからないけどね。

ベンチで人が何人か寝てました。