ほっかブログ

カテゴリー「アレな話」

2015年、パラダイムシフト。

かつて、富の尺度はお金であった。
2015年、「幸福度測定器」が出るまでは。

2012年、人類は、幸福感を感じたときに脳内に発生する物質の測定に成功した。
そして、驚くべきことに、幸福物質が多いほど病気になりにくく、健康であるという実験結果も出た。

それまでにも、笑うことが健康にいいと言われてきたが、それが科学的・医学的に証明されたのだ。

幸福度は必ずしも財産には比例しない。
むしろ、財産と幸福度の関係性は無いかのように見えた。
あるいは、お金持ちのほうが幸福度が低い場合も多く見られた。

「なぜあんなみすぼらしい男より、私のほうが幸福度が低いのだ!」
憤るほどに幸福度は下がっていく。

ある宗教化は、宗教が科学的に証明されたと騒いだ。
鬼の首を取ったように騒ぐ宗教家を見て、不快感を感じた人の幸福度は下がった。

人々は、幸福度をあげることを目指すようになった。

お金というものについて考えるようになった。
そして、いかに無意味なものに執着していたかに気づいた。

これまでの尺度であるお金に対して、幸福度には決定的な違いがあった。 
お金は、一部の人が大量に所有することができる。奪うことができる。
幸福度は、誰もが上げることができるし、誰かの幸福度を奪って自分のものにはできない。

理解できない人間も多くいたが、適応するか、無視を続けた。

「お金があれば幸せだ」
「お金がなければ不幸だ」

そう考えている人たちは、しばらくは実際にそうであった。
お金を持っていれば幸福度はあがり、少なければ幸福度は下がる。
それは、資産依存幸福症候群と呼ばれ、時代が進むつれて次第に少なくなっていった。

 

そして2032年現在。

所詮、比較でしかない。

「所詮」とか、「でしかない」とかいう表現はネガティブに聞こえますね。
そもそも、ネガティブって言葉自体、悪いイメージですが、単に負(マイナス)なわけで、悪いわけではないのですが。

コンプレックスという言葉も同じですね。本来は劣等感ではなく、もっと広い意味です。カタカナ英語は解釈が違うことが多いのですよ。

 

さて、ものごとの評価は、すべて比較です。

比較対象があって、それより良いか悪いか。

 

満面の笑顔で接客しても、ライバルがもっといい対応をしてたら、「サービスが悪い」と思われるかもしれないです。

社内積算でぎりぎりまで下げても、ライバルがもっと低価格なら、「高い」わけです。

 

逆に、簡単にできてしまうことでも、他社ではできないことは、「安く」できます。

 

市場を知らずに、自分の判断だけで価格設定をすると、高く売れるはずの商品を安売りしてしまったり、安くしてる(つもりな)のに全然売れないということになるのですね。

また、過剰サービスや、過小サービスありうるのです。

 

自分がどれだけやっているかではなく、他人との比較が評価になってしまうんです。

 

bCDではシゲ☆さんはエロいと思われてますが、もっとエロい人が入ったら、シゲ☆さんは普通に見えるでしょう。

そう考えると、シゲ☆さんがエロいのではなく、スーグルがエロくない(そう見せない)だけなのだろうか? いや、そんなことはない(反語)。

2008年9月13日、岡崎市に地震はきません。

もうじき、かねてから噂の東海大地震の予言の日です。

いや、別に東海大地震とか東海大震災とか、そういう名前があるわけじゃありませんが、愛知県岡崎市か中国のどこかを震源とする地震があるという、例のジュセリーノの予言のことです。

個人的見解では、その日に、地震は無いでしょう。

あったらすごい。

 

予言の解釈ってさ、クイズ番組で答えが出た後にかあちゃんが「やっぱりそうだと思ったのよ」っていうのと同じだよね。

 

前回のエントリでも登場した五島勉さん、著書「ノストラダムスの大予言」(かなんか)で、「1999年7の月~」の詩を人類滅亡と解釈して、その後、「そういうふうにならないようにという警告の意味だよ~」と言ったように、なんていうのかな、備えあればうれしいな、という事だと思います。

その日に地震が来なくても、地震に対する備えはあったほうがうれしいと。

ブラザー印刷社屋は、新社屋になって耐震バッチリなので、机の棚にある大事なもの(人呼んでガラクタ)で怪我をしないように気をつけます。

そうそう、話を戻して、ジュセリーノ。

ヘイ! 俺と勝負だ!

私、
9月13日、愛知県岡崎市にも、中国のどこかにも、M7規模の地震は来ないと予言します!

私の予言は、これが最初で最後にしよう。
当たれば、的中率100%の大預言者になれる・・・のかな?

 

一応、水をタンクに貯めておいてり、保存食買っておくけど、別にジュセリーノにびびってるわけではないですほんとですうそじゃないって。

 

おならをしたら、クビ。

おすもうさんで大麻が大流行、おすもうさんはヤク中ばかり!?
すもう業界は評判ガタ落ち。

そんなイメージで報道されてますが、個人的には過剰反応だと思ってます。
そもそも、大麻=麻薬というイメージですが、実はそこから少し違います。

わたくし、過激な大麻擁護派ではありませんが、合法化の署名を求められたらするでしょう。
でもあの署名運動って、効果あるのかな? なんだか署名運動って怪しい気がしてきたぞ。

 

おならをしたら、クビ

急におならのお話。

おならは悪臭を放ち、不快な音を響かせるため、周囲のモチベーションを下げてしまいます。

でも、がまんせずにしたほうが、身体によく、ストレスもたまらないです。

 

たとえばこんな会社。

A社では、仕事中におならをするとクビになります。

B社では、見逃してくれますが、何度もすると、謹慎処分です。

C社では、多少注意されますが、処罰はありません。

D社では、おならをするコーナーがあり、そこでは自由におならをできます。

 

C社でプープーおならをしながら働いていたシーゲーさん(仮)がA社に行ったら、いつものクセでおならして、すぐクビになってしまいますね、わかります。

 

おならが、大麻。日本は、A社。

ポールも、おすもうさんも、A社で逮捕されたってことかな。

「それは厳しい!」と思っても、法律で決まってることには従うしかないのですよ。

大麻が有害であるかどうかは関係ないです。

悪法ならば、いずれ変わるでしょう。

郷に入りては郷に従え。

 

InteretExplorerには、CSSのバグがあったり、表示が崩れたりしますが、それに対応するのが我々プロのお仕事。
IEに文句を言っても仕方なくて、その仕様(とバグ)の中でうまく表示させないとね。

別のブラウザには、また別の対応を。
Firefoxのシェアが伸びたとはいえ、依然IEがトップ。
Googleもブラウザを出しますが、従うべき郷が増えてしまうのです。

郷に入りては郷に従え。

 

郷を変えてしまうのもいいですが、自然は壊さないようにね。

 

※大麻について、幼いころに多少調べたりしたので、興味のある方は続きで。
合法化してガンジャをガンガンきめたい人たちがよく言うことですね。

続きを読む »

宇宙とか、太陽とか。

なせ生きているのかをよく考えます。

 

一生懸命がんばって生きても、寿命がある。

不老長寿の技術が開発されたとしても、地球の寿命がある。

地球を脱出し、火星へ移住できたとしても、太陽はいずれ燃え尽き、白色矮星になる。

太陽系を飛び出し、他の銀河へ行ったとしても、宇宙の終わりがある。

いや、無いかもしれないけど、すべての恒星は、いずれ燃え尽きて、あるものはブラックホールになり、それぞれの重力で泡状になっていって、よくわからん状態になる。らしい。

 

宇宙から見れば、人間の存在なんて、どれほどのものだろう?

人間は、生命は、いずれ消えていく大きな世界の中に、何をするために生まれてきたのか。

 

栄枯盛衰とか、そういうレベルの話じゃなくて、もっともっと果てしなく大きい。

 

生きる理由。

少なくとも、子孫反映のためだけじゃないことだけはわかります。

 

宇宙のスケールを考えると、すべてが小さなことのように思えてくるけど、刑務所から脱獄する海外ドラマの展開は気になるのです。

 

宇宙と言えば、最近、ダークマター(暗黒物質)を観測しようとしてるらしいですね。

宇宙って、不思議。