ほっかブログ

岡崎大花火は三尺玉よりでかい?

先週、蒲郡の三尺玉を見に行ったときに、岡崎の花火が小さく感じるんじゃないかと心配してたけど、そんなことはなかった。
岡崎は最大1尺玉(10号)。しかし、蒲郡の三尺よりも大きく感じた。

岡崎の花火は、殿橋のメイン会場と矢作川の2箇所であがる。
殿橋のほうがメイン会場で、そちらはいろいろな種類の花火があがるが、最大で4号だ。
矢作川のほうは数はメイン会場より少ないが、大きな花火があがる。

うちから徒歩で10分ほど歩くと矢作川の堤防につく。ちょうど大玉の打ち上げ場所の川向かいだ。

4時ごろに場所を確保しておいて、7時に花火が始まってから現地に歩いて行く。

堤防に近づくほどに花火は大きくなる。
鮮明に打ちあがる花火と、体の芯まで響く重低音にワクワクしてくる。

堤防に着くと、花火は見上げるほどの大きさになり、視界一杯に広がった。

思うに、蒲郡の三尺玉は打ち上げ場所が遠いから、視界に入る大きさが岡崎の一尺玉と同じくらいなんだろうね。

岡崎の花火はやはりすごいな、と思いながら、また三尺玉を見たくなった。

そうそう、メイン会場でZ、E、N、Tの文字があがってたように見えたけど、パチンコZENTのことだとしたら、ちょっと複雑な気分。

コメントを書く

ほっかにログインしてコメントを書く