ほっかブログ

牧歌の里でRAWデータ

 

牧歌の里は羊と遊べて楽しい。
牛のおっぱいもいじれる。

でも牛はかわいいのもいるけど、目玉が飛び出てて気持ち悪い。
馬も目玉が飛び出てる。
正直、トラウマになりそうなぐらいキモい。

クラウンの子もいた。かわいい。
日本ではピエロの名称のほうが定着してるけど、ピエロはクラウンの一人。

トナカイがみんな赤い鼻だと思ってるのと同じだ。
赤い鼻はルドルフだけだ。

 

カメラはいつもEOS KISS DIGITAL Xを使ってる。
写真を撮るのは楽しいね。

いつも写真を撮るときは多少弱気だったり、面倒になったりで、数枚撮って妥協するけど、
後で、もっと撮っておけばよかったと思うことが多い。

カメラを構えることに抵抗があるのかもしれない。
羞恥心とか、奇異な視線を感じるとか、迷惑じゃないかな、とか。

 

最近はRAWで撮って、後でフォトショップ(Camera raw)で現像する。
JPGに比べて、ファイルサイズは5倍くらい大きくなるけど、後処理の柔軟性が圧倒的に違う。

RAWとJPGの情報量は16倍~256倍違う。
JPGがRGB各色が256階調だとすると、RAWは各色4096階調の情報が入ってる。最新のカメラはそれ以上らしい。

ディスプレイは各色256階調だから、JPGと同じなんだけど、256階調を調整すると、256階調以下になり、下手すると階調とびする。
RAWは4096階調を調整して256階調にするから、階調とびを起こしにくい。

もっとわかりやすく言うと、JPGだと黒つぶれや白とびしてるところはどうにもならないけど、RAWならそこにも階調があって、補正することができる場合があるんだ。

撮影時にバッチリ設定してあって、後の補正が必要なければJPGでいい。
プロのカメラマンはそうしてるけど、素人にはそこまではできないですよ。

 

次の羊の写真はさっきのと同じだけど、RAWで現像時に色調整したもの。その下の写真がJPGをフォトショップで色調整したもの(を擬似表現した)。

比較すると、下の写真のほうが空が階調とびして透明感が無くなってるし、全体的に深みが無くなってるのがわかるかな。

RAWデータってすごいよね。
いつか「ゆるかめ」か何かでRAWとJPGの違いについて紹介しようかな。

コメントが2個あります

  1. sorairo より:

    一時期RAW撮りにはまってましたが、途中で面倒になって、大した腕もないのにjpeg撮って出しをするようになりました。基本加工前提にもかかわらずですね^;また、RAW現像ソフトを買ってみようかと思います。

    • daisco より:

      sorairoさんの腕ならJPEGでも大丈夫でしょう。
      RAWだとそのまま使えず現像ソフトが必要だったり、ファイルサイズが大きかったり面倒なことがたくさんありますからね~

コメントを書く

ほっかにログインしてコメントを書く